Windows10では市販のセキュリティソフトは不要?

お知らせ

家電量販店でパソコンを買うとき、「これも一緒に買っておいたほうがいいですよ」とセキュリティソフトを無理に売りつけてくる店員がいます。

現在発売されいるWindows10搭載のパソコンには「ウィンドウズ ディフェンダー」というセキュリティソフトが最初から入っています。市販のセキュリティソフトと比較してどれくらい効果があるのでしょうか。

セキュリティソフトを比較しているサイトがあるので、確認してみました。

まずは、有名な「AV-TEST」での評価です。(6点が最高)

市販されている有名なセキュリティソフトと同等の評価ですが、中には下回っているソフトもありますね。
Windows Defenderのプロテクション評価は、最高の「6」なので、市販のソフトは必要ないように思えます。

 

続いて、これも有名な「AV-Comparatives」での評価結果です。

ソフト名の後ろに「*」が点いてるのは誤検出が多いから評価を下げたそうです。

市販されている有名どころが「星2つ」または「星3つ」の評価ですが、
Microsoft Windows Defenderはこちらも「ADVANCED+」の最高評価です。

 

まとめ

今回は、海外でも有名なセキュリティソフト比較サイトの評価を載せましたが、結論としては「ウィンドウズ ディフェンダーだけで十分」という結果になりました。

市販の「セキュリティソフト」は不要です。

インストールしたために、逆に危険にさらされているのに気づいたあなた!
市販のセキュリティソフトはすぐに駆除(アンインストール)してください。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました